About Feature Insight Talk Perspective

建築家と建てる住まいに特化したウェブマガジン

建築家と家を建てたい!そう思っている人も少なくないはず。
でも、何かと不安がつきまとうのも建築家との家づくりかもしれません。
そこで、本ウェブマガジンは「建築家と建てる家とは何なのか?」に迫ります。

豊かな暮らしを手に入れるために、建築家の視点で住宅の本質を紐解いていく。
2つと無い建築家と建てる家は、住み手と建築家と工務店の共同作業から生み出されていく。
お互いの理解が深まれば、最適な暮らしへの道筋が見えるはず。
アンドアーキが、その橋渡しとなれればと…

AND ARCHI編集人 君島 貴史

プロフェッショナルの土地の読み解き方

一つとして同じ土地は無い。土地のパフォーマンスを読み解き設計に表現することが建築家に求められる最も重要な要素と言ってもいいだろう。その地域の環境、風土、気候、風習習慣、、、挙げればきりがない。しかし、あらゆる角度から土地を考察し最適な住宅設計に導いていく。そのプロセスが建築家としてのシゴトの醍醐味。土地に真摯に向き合い合理性を持った設計の答えは機能美を兼ね備え住み手に豊かさを提供する。

建築家は家族の暮らしをデザインする

家族にとっての豊かな暮らしは十人十色。だからこそ、建築家は家族の声に耳を傾け要求品質の本質に迫る。固定概念や既成概念は豊かな暮らしの発想の障壁となることがある。その概念の突破から始め、住み手の本当の要求品質を探る。家族にとっての豊かな暮らしを設計で表現することが暮らしのデザインとなっていく。

住宅設計における建築家が求められる住宅品質とは

住宅設計は、公共建築や商業建築などとは求められる要求品質が異なる。家族が居住に必要最低限の大きさで、衣・食・住に加え、遊びや教育、健康など家族の生活に必要な要素を詰め込まなくてはならない。機能的で安全、快適で楽しく、そして美しさも求められる。長い年月にも耐えうるデザイン性や機能性、家族の将来の可変性も想像し設計していく。ハード面はもちろんのこと、家族のライフスタイルというソフト面も設計していくことが建築家に求められる住宅品質なのだ。

住宅のプロフェッショナルのシゴトに迫る

建築家のシゴトは、結果である建築設計を見るだけでは理解することは難しい。土地のパフォーマンスを見極めることから始まり、家族の声に耳を傾け、将来という時間を超越した合理性を持って唯一無二の設計を紡いでいく。そのプロセスをたどっていくことで、住まい手は設計の本質を共有し豊かな暮らしへとつなげていく。そのプロセスを知ることは、プロフェッショナルなシゴトに迫る上で、とても重要な要素となる。建築家のシゴトを知ることが、最高の注文住宅をつくる必要条件になるのだろう。

建築家と工務店のマリアージュ

住み手にとっての豊かな暮らしは建築家の設計だけでは実現しない。建築家が設計した図面を、工務店が正確に再現していく。住まい手と建築家の意思をくみ取り、高い見識と技術によって建築工事が進み完成する。建築家は工務店の技術に裏打ちされた設計図面を書き、工務店は建築家の設計思想を受け継ぎモノづくりとして表現していく。それぞれの領域でプロフェッショナルを発揮し、豊かな暮らしのフィールドとなる住まいをつくっていく。